手汗の原因改善法

手汗と簡単に言いますが、手汗で悩んでおられる方も多く、中々他人には、
理解されません。
白熱したスポーツの試合などで手に汗を握って応援する事がありますが、
この程度の汗は、身体的には、普通で心地よい汗ですね。
手に汗を掻き過ぎる人は、手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)と呼ばれます。
手掌多汗症の症状は、汗とは思えないほど手の平がぐっしょり濡れるのです。
手掌多汗症の原因や手掌多汗症の改善や対策方法などを調べて
このブログで綴っています。
あなたに役立てる事柄があれば幸いに思います。

スポンサードリンク

代償的発汗とは、どんな汗?

交感神経切断手術の所でも触れていますが、代償的発汗とは
どんな汗なのか調べてみました。

代償性発汗は、手掌多汗症を改善する為、「交感神経切断手術」を行うと
副作用が現れる事があります。

その副作用の一つです。

手掌多汗症は、交感神経が過敏に反応する事から起こるとされています。

その改善の為の手術では、交感神経の切断(切除)が行われます。

この手術を受けますと、問題にしている手足の発汗は、抑えられます。

しかし、その代わりに手足とは、別の部位で汗を掻く事が
増加してしまう事があるのです。

代わりの部位(場所)に発汗が多くなる症状を「代償性発汗」と言います。

具体的には、今までは、普通の汗を掻いていた背中、お腹、太もも、お尻、
ひざの裏側など、での汗が増えてしまう現象です。

「交感神経切断手術」の副作用には、個人差があります。

手術を受けた人全員が発症する訳ではなく、
その症状の重い人、軽い人と違いがあります。

代償性発汗は、気温が25度を超えると、特に胸より下の下半身に
汗を掻くのが特徴です。

汗の掻き方によっては、服がびっしょり濡れるほどに汗を掻きます。

椅子に座っている場合などはお尻や太もも付近に汗を掻き易くなるようです。


交感神経を切断してしまった事が、温熱性発汗を抑制する機能が弱くなったり
働きにくくなる為に、大量の汗を掻くのが以前より増してしまうのです。


「腔鏡下胸部交感神経遮断術」を受けた人の内の80%以上がこの副作用を
発症するというデータが出ているようです。

60%以上の人が生活に支障をきたすという結果も出ているそうです。

交感神経を一度切除しまったら二度と元に戻せませんので
「交感神経切断手術」を受ける際には、慎重に判断しましょう。


精神的発汗とは、どんな汗?

精神的に汗を掻くという事を調べてみました。

精神性発汗の現象は、緊張、ストレス、不安などが要因で、
その時々で一時的に局所に汗を掻く事を言います。

日々、生活をしていますと上記に挙げた項目は、誰にでもある事でして、
あなたも大勢の人の前に立ったり、学校の受験や国家試験などを
受験した時に感じたと思います。

このような大事な局面になりますと手や脇に汗が滲み出てくるのは、
当たり前の事ですね。

しかし、この状況がずっと続いたり、汗を掻く量が自分でもビックリするぐらい
異常に多かったりする場合を「精神性多汗症」になったと思った方がいいでしょう。

一般的な精神性発汗については、殆ど場合問題はありません。
しかし、精神性多汗症だと放置しておくと大変な事になります。

どういう事かと言いますと日常生活や社会生活に影響を及ぼしてしまうからです。

自分自身で常に汗を掻いている掌を恥ずかしいと心の奥底に持っていて
握手を求められても握手が出来ないとか相人の手と触れた瞬間に
相手から「気持ち悪い!」と言われたりするとそれがトラウマになって、
人と接する事にだんだん消極的になり、被害妄想になってしまいます。

対人関係がうまく出来ない事への不安から、大事な局面で充分な成果を発揮
出来ずだんだんと自分に自信が持てなくなるという人もいるのです。

人から嫌われているのでは?

と思いが深くなると対人恐怖症になってしまう事もあるようです。

精神性多汗症はどんな人がなり易いかと言えば
1)神経質な人。
2)几帳面な人。
3)完璧主義な人。

と周囲に気を使い過ぎる人や人前であがってしまう人、繊細な心を持っている人が
なり易いと言われています。

精神性多汗症の人に見られるのが、自分で自分の事を追い詰め、負のスパイラルに
陥り易いのが特徴がの一つです。

一度、精神性多汗症なってしまうと、どんどん悪化の道を辿る事になるのです。

お医者さんと相談して早めにカウンセリングを受けたり、状況によっては
精神安定剤などを服用して対処しましょう。

手汗多汗症の症状とは?

多汗症と呼んでいる症状としては、以下の症状があります。

1)日常的に汗を掻いている。
2)ちょっとした緊張で大量の汗が噴出すように出てくる。
3)運動しているとか特に暑い訳でもないのに汗がドンドン出てくる。
4)他人と比較して汗の量が多く、服がびっしょり濡れるほどの汗が出る。

多汗症は、人其々で症状の出る場所に違いがあります。

特に掌に汗を掻く症状が強い人を「手掌多汗症」と言います。

その手掌多汗症は、顔の汗のように人前でも目立たない事と
頭や脇、足のように臭いの原因にもなりませんので他の場所の
多汗症と比べると軽視される事が多いのです。

そんなこんなを言っても本人にとっては、とてもつらい症状なのです。

手掌多汗症をレベル分けしますと

レベル1→比較的軽く一日中、掌がジンワリと湿っている程度。
レベル2→レベル1と3の中間の汗の量。
レベル3→掌から滴り落ちるほど大量に噴出すような汗が出る。

レベル1の人でも、握手を求められても握手をする事が出来ず、
そして、恋人とも手を繋ぐ事が出来ないと悩む人が多く居ます。

レベル3の人になりますと重要書類を手にしたとたん文字が汗で滲んでしまった
とか汗で用紙が湿りフニャフニャになってしまったとか、挙句の果て用紙が
破れてしまうような事も出てきます。

社会生活をして行く上で重大な支障をきたす事も出てくるのです。

職種が限られたり、人生を進んで行く上で大きな障害となってしまいます。

手掌多汗症がある事で、人並みの青春、人並みの人生を送りたいのですが、
その機会を奪われたと感じている人もいるくらいで、
手掌多汗症は、つらい病気なのです。

手汗の解消ための手術とは? 

手汗の解消ための手術について調べてみました。

手掌多汗症の原因は、交感神経が過敏である事が挙げられます。

手掌多汗症の人は、ちょっとした事で緊張してしまいその緊張で
普通の人より多い汗を掻いてしまうのです。

手掌多汗症の手術は、交感神経の働きを遮断するという目的で手術をして
切除してしまいます。

交感神経切除手術は、「腔鏡下胸部交感神経遮断術」という手術法があります。

長くて難しそうな名前ですが、難易度が高い手術では、ないそうです。

字を良く見て頂きますと手術は、掌(手の平)を行うのではなく、
胸部交感神経の名の通りで胸の手術です。

脇の下に開けた小さな穴(4〜5mm)から胸部交感神経を焼き切るという方法で
現在では、一般的に行われいる手術法です。

手術時間は、約30分ぐらいで入院する必要もなく手術したその日に
家に帰る事が出来る場合が多いそうです。

小さな穴(4〜5mm)での手術の為、手術の跡も目立たないとの事。

ですが、この「腔鏡下胸部交感神経遮断術」には副作用があるそうです。

手術を受けた人全員に副作用が出る訳ではありませんが、個人差がありますので
中には、副作用が出る人もいるのです。

副作用の内容は、「代償性発汗」という症状です。

治療の目的とした手足の発汗を抑える事は出来るのですが、
その代わりに別の場所からの発汗が増えてしまうのです。

その場所は、背中や胸の下に多く現れると言われています。

その他には、頭痛や喉の渇きなどの症状も出てきたとの報告も多くあるようです。

交感神経は、一度焼き切ってしまうと元には戻せませんし、
副作用についても、事前に把握出来る訳ではありませんので
「腔鏡下胸部交感神経遮断術」は、最終的な手段として考えた方がいいと思います。

手汗の対処法は、あるの?

日常生活の中で手汗をかく事は、多いでしょう。

手汗の掻き方も暑さで手の平に汗を掻くとか、ちょとした緊張での手汗は、
特に問題はないですね。

このような手汗の掻き方は、誰にでも起こりますし、正常な身体の反応です。

でも日常的に、常に掌がジンワリ湿っていたり、湿りより多く汗が出ている
ようでしたら手掌多汗症と判断してよいと思います。

手汗の原因の所でも書きましたが、手掌多汗症による手汗は、
体質、遺伝、生まれつきとか思っている人も多いですね。

そうではないのです、多汗の多くは、精神的に緊張し易いという問題と、
交感神経が敏感に反応してしまう事から原因があるとされています。

先天的じゃなくて後天的なものとされています。

自分が人と違って手汗が多いと気付いた時から一気に症状が悪化して
しまう事例も多いです。

手汗を掻く人の対処法は、身近かないハンカチやタオルなどを握りしめるなどして
対処する人が多いのではないでしょうか?

手掌多汗症の対処法としては、

1)カウンセリングを受けるのも一件です。
  精神的な緊張を解して常日頃から緊張度合いを和らげる事を心がけます。
2)精神安定剤を服用する方法もあります。
3)一時的にですが、発汗を抑える手段として制汗剤を利用する方法もありますが、
  市販されている制汗剤ではなく、お医者さんに処方してもらった制汗剤でないと
  殆ど効果は無いようです。
4)注射による薬物治療法のありますが、長期的に続ける必要があり、
  その効果の現れ方にも個人差が出るようです。
5)イオンフォレーシス法という微弱電流を利用した療法もありますが、
  日本では、普及していないのが現状です。
6)交感神経を切る手術という対処法もあります。

※(副作用の問題がありますので、お医者さんとの相談が必須です)

手汗の原因はどうして起こるのか?

手汗を掻き過ぎるからと言いても他人には理解されない事が多く気持ち的にはつらいですね。

このような多汗の人は、ただ手に汗を掻き易いだけと思っている方も多いでしょうが、
汗とは思えないほどぐっしょり濡れる場合も多いようです。

こような症状を「手掌多汗症」と呼びます。

実は、多汗な人は、生まれつき汗掻きとか体質が人より汗掻きとか
そして親が汗掻きだから遺伝と思い込んでいる人も多いようですね。

あまりにも汗を掻き過ぎている人は、実際には手掌多汗症と呼ばれます。
手掌多汗症は、病気の一種なのですよ。

手掌多汗症には、症状の度合いでレベル1、レベル2、レベル3とありますので
自分のレベルを知っておきたいものです。

レベル1→比較的軽く一日中、掌がジンワリと湿っている程度。
レベル2→レベル1と3の中間の汗の量。
レベル3→掌から滴り落ちるほど大量に噴出すような汗が出る。

一般的に言われている事は、精神的な緊張が原因とされる場合が多く、
手掌多汗症と診断された人でも睡眠している間やリラックスしている時は、
手掌多汗症としての症状が出ないようです。

手汗を掻く人は、自分自身で多汗である事をを自覚していて、
自覚というよりは神経質に受け止め過ぎている場合が多いようです。

多汗症の人は、常に掌(手の平)がジンワリと湿っている事から相手に
触れるのが怖いとか、人に知られるのが怖いとか思ってしまいます。

相手から握手を求められたりした場合には益々緊張してしまって汗の量も
増えてしまうという悪循環に陥いるのです。

その事で相手に不快を与えたのではないかと思い込んだり
それが更に病状悪化へと繋がる場合もあるようです。

誰でも少なからず緊張しますし、緊張よって汗を掻く人も多いでしょう。

しかし、交感神経に何らかの異常が起きて敏感に反応し過ぎる人は、
どうしても掻く汗の量が異常に多くなってしまうのです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。